スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タクシー特別措置法案

タクシー特別措置法案の内容が少しずつわかってきましたね。

大まかなところは今まで発表されてきた内容と大して変わりませんが、一番タクシー会社にとって厳しく感じられるのは、行政処分の厳格化にあると思います。

今までは警告程度で済まされていたものが、すべて車両停止処分以上の行政処分に変更されており、特定特別監視地域に指定後に新規参入または増車を行ってきたタクシー会社に対しては3.5倍の処分を課すといった非常に厳しい処置をとっています。

行政処分の強化は賛成です。処分逃れをしてきたタクシー会社対策も大賛成です。ただ、新規参入や増車を行ったタクシー会社に対して3.5倍というのは理解に苦しみます。行政が新規参入や増車に対して快く思っていないのは理解はしていますが、そういったタクシー会社に対して行政処分を強いる。ましてや3.5倍といった形で行政処分を執行するのは裁量権の乱用に思えてしまいます。


タクシー特別措置法案に関しての資料は持っているのですが、一般に公開されていないのでこれで我慢してください・・・。

http://wwwtb.mlit.go.jp/chugoku/jidousha/kouji02.html

スポンサーサイト

第一タクシー、無料タクシー運行

広島の第一タクシー、投票へ行く人のために無料タクシー運行

今回もやるんですね。前回も無料タクシーを運行させてた第一タクシーさん。良いことだと思います。

1日5台の無料タクシーを運行することで収益は削られますが、半日5台分の収益で、このように中国新聞に掲載され、口コミが広がり、評判があがるのであればむしろ安い買い物のように思えます。地域貢献もはっきりと打ち出せますしね。

色々悪評を聞くことも多い第一タクシーさんですが、こういった取り組みをやってるタクシー事業者さんって少ないので、これからもタクシー業界をリードしてもらいたいです。

日本交通、電気自動車タクシーを10年1月より試験運行

電気自動車タクシーを10年より試験運行、日本交通

今後はタクシーも電気自動車化が進みそうです。燃費も1km=1円程度になるのではないかという話ですからかなり燃費に対してインパクトがあります。タクシーは1日に200km以上走行するので効果は高いと思いますが、今の電気自動車は電池の充填が満タンでも160km程度しか走行できないので、タクシーに向いていませんし、そもそも狭いのが難点。

ただ、車庫待ち待機中に充電するという手法でそれをカバーするようです。暇だったらいいですが、忙しい日であれば充電が間に合わない場合とかもあるのではないかと少し心配してしまいます(笑。

急速充電器も数百万~という話ですから、中々中小零細規模のタクシー会社では導入が難しそうです。


あとリチウムイオン電池というのは携帯で破裂したりと、安全面の不安があるように思えます。そこらへんの問題がちゃんとクリアーになっているのかが心配ですね。特に事故した場合などは。。。

kmタクシー事業許可取消へ

国際自動車が大手初の免停へ

本当に事業許可取消ですか・・・。900台近くも営業が出来ないとなれば2000人近くの乗務員が働けないということになりますよね。グループ会社転籍という形を取るようですが、それでも全員を受け入れる受け皿が果たしてあるのでしょうか・・?kmタクシーは大打撃でしょうが、働くタクシー乗務員はもっと深刻ですね。

正直社会的影響が大きいので特別的な処置があるのかと思いましたが、見せしめも兼ねて処分を下したのでしょうかね・・?

タクシー特別措置法案に関するパブリックコメント

国土交通省のHPにタクシー特別措置法案に関するパブリックコメントの募集が開始してます。

まだ提出はしていませんが、出してみようかと思います。ブログで書いているだけじゃ変わらないしね。出した所でタクシー特別措置法案の内容はほとんど変わらないとは思いますが、やってみないとね。

しかし、パブリックコメントはいいことだと思うけど、ほとんどの人が知らないと思うんだけど、
もっと大々的に意見募集をすればいいのにねえ・・・。もしかしたら一つも応募がなかったりして・・?






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。